医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/15(木) 01:21:41 [うつ病闘病記]

あんまり毎月毎月同じことで愚痴ったりしたくないんですけど。。。

アナフラニールが増薬されて、あとは極力心身の体力回復に努めてきて、どうにか回復傾向になってきた・・・


・・・と思ったのもほんのつかの間でした。


↓ 続きの前に応援クリックお願いします<(_ _)>
人気blogランキング『メンタルヘルス』


PMS月経前緊張症月経前症候群)がひょっこり姿を現してきました!_| ̄|○

そのせいで、今日の昼間はぐったり傾向でした。


今日は気候の急変はなさそうだったので、たぶんPMSさんの出番なのでしょう。。。

食欲も妙にありますし。
炭水化物(パン、ごはん)ばっかりほしくなるんですよ。
お昼ごはんの準備がおっくうに感じているので、結果的にスグにカロリーを摂取できるものに限られるからだとも思うのですが。

やっぱり、実家と相方の家を比較すると、圧倒的に違うのが、

「食品の備蓄量」

なんですよ。



なんだかんだ言って実家にはなにかしら食べるものがあります。
それに対して、相方の家ではそんなに備蓄食料はありません。

いつもは母の無駄遣い!…と批判的でしたが、こういうしんどいときにスグに食べれるものが家の中にあることのありがたさを感じるようになりました。

…とはいえど、母は少し買い過ぎですけど(^^;;



それにしても、増薬されている状態なのに、PMSがはじまるとまた調子悪くなるなんて・・・

PMSにはSSRIパキシルなど)が効くという話も見聞きしますが、今回はうつ病の方が悪化しているからパキシルの薬効がPMS症状まで対処しきれないのかもしれません。

ホント、やっかいな身体になってしまったものです。
もう少し体調のことを何も考えずに生活できるまで回復したいものです。




Comment

こららのサイトに巡り合えて良かった!
はじめまして、PMSとうつ病のキーワード検索にてたどり着いた者です。
私も、うつ病で通院しつつ闘病中です。
医療系にはとんと、疎い人間ですがこららのサイトを拝見して勉強させていただきます。
そんな自分ですが、法学系の修士論文でうつ病自殺裁判など取り扱っており、その為か何の因果か、うつ病とお付き合いすることになりました。
(それ以前に性格素因もありましたが。)PMSの時期になると、本当に鬱がドン底になりますね。まだうつ病だけならアビリットなど抗うつ剤で抑えられていたものが、PMSの時期には噴出して、私は過食・過眠・希死念慮にまで発展し、論文も進まず「死ぬしかない」と視野狭窄に陥る傾向にありました。
しかし、本当にこちらのサイトを拝見して、安心というか、心穏やかになれました。
これらかも、この病気とは長い付き合いとなりそうですが、否定するのではなく受容して焦らず生きてみたいと思います。
これからも、拝読させていただきますので
宜しくお願いします。
取り急ぎにつき、乱文にて失礼いたします。
ありがとうございます
>ゆきさん
はじめまして。
そのように言って頂けるなんて、こちらとしてもすごくうれしいです!
医療系ですけど、休学し始めてからが長い上に臨床経験がありませんから、どんどん医療系のことにも疎くなるばかりです(汗)

私は法学系はサッパリなのでうつ病自殺裁判のこととか、かなり気になります。
やっぱり自殺でもしないとアカデミックハラスメントで学校を訴え、かつ、こちらの納得のいく結果になるようなことはないのだろうなぁ~と、どうにか道を探しています。

ほんとにPMSはキツくなるとしんどいですよね。
ゆきさんもお大事になさってください。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。