医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/26(月) 03:47:37 [うつ病闘病記]

アナフラニールの増薬のおかげで、うつ病最悪の状況からは抜け出せてきているものの、ちょっとしたことで必要以上にへこんでしまいます。


↓ 続きの前に更新応クリックお願いします<(_ _)>
人気blogランキング『メンタルヘルス』


こういうときは、とにかくしんどい。

傾眠ではないけれど、やたらと過眠になることで、夢と現実の区別がつかなくなりそうになる。
(それだけ、リアルにもありそうな夢を観ているということです。)



友達に電話してみても、思うように言葉が出ない。
…というか、このよくわからない空虚感を表現できないのです。



うつ病の治療が長引いていること。
学校も、相方とのこともずっと宙ぶらりんの状態であること。
金銭面のこと・・・


うつ症状が悪化するときは、たいていこれらのことが関与している。









Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。