医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/14(金) 20:49:40 [うつ病闘病記]

アナフラニールパキシル40mgに上乗せして処方されてから早4ヶ月あまり・・・!?

最近は今でも疲労が溜まって調子悪いときはほぼ1日中寝たきりですが、思い切って休んでしまえば、だいたい次の日には復活できていることが多くなってきました。

私のうつ症状がきついときは、どちらかというと鬱々した気分というよりは、全身ぐったり~な感じです。


人気blogランキング『メンタルヘルス』


今回の受診で、主治医の口から「アナフラニール減薬時期」について具体的な話がありました!

この調子を維持or回復できれば、11月になる頃にはアナフラニールを減薬→断薬して、元のパキシルの服用だけにしたい。

こういう話をしてくださいました。


これから半年くらいはいろいろ行事があるので、ゆっくり減薬しましょうってことらしいです。


まぁ、焦ってもうつ病にとっていいことがないのは、これまでに嫌というほど体験させてもらっていますから・・・!


気長に治していきましょう。


ちなみに、今回も頓服処方のセニラン(抗不安薬)と便秘対策のマグミットの処方はナシでした。
未だに年末に処方してもらったのが残っています。
寝つきの悪さもほとんどなくなっているので、睡眠導入剤のレンドルミンも最近は用なしです。

アナフラニール副作用の手足のふるえはそんなにひどいわけではないので、気にしないことにしました。

次の診察は約4週間後です。
それまで何回更新できるかな!?




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。