医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/10(木) 10:45:52 [うつ病闘病記]

今月の受診が終わりました。

抗うつ薬の影響で口内炎ができているのか?それとも私の気のせいなのか?
このことを中心に聞いてきました。

主治医によると・・・


人気blogランキング『メンタルヘルス』


口内炎が好発している原因は、抗うつ薬の副作用である口渇(喉の渇き)の影響が大きい。

…ということだそうです。


やっぱり抗うつ薬のせいか・・・_| ̄|○
でも、喉の渇きだとは思っていませんでした。
副作用の便秘などで胃腸が荒れているから?なんて予想してましたから。

口腔内が乾くとこんなにも口内炎ができやすくなる&悪化しやすくなるのですね _| ̄|○



私の場合、SSRIのパキシルの時はのどの渇きは感じませんでした。
それでもうつ病になってからの方が、口内炎がよくできるようになっていました。


主犯は・・・

三環系抗うつ薬アナフラニール

もううつ症状が悪化するわ、増薬された薬の副作用でデカ口内炎が多発するわでいいことなしです。

アナフラニールは半年近く服用していますが、未だに喉・口の中の渇きに慣れません。
服用後数時間がもっとも喉が渇きます。

1日も早くいい状態で安定させて、アナフラニールを減薬→断薬したいものです。
主治医の目標は、今年の冬には(つまりアナフラニール服用約1年)、増薬された分の抗うつ薬は断薬することだそうです。

・・・もっと早く断薬したい!!
これからもっと暖かくなって、汗ばむ季節になったら余計喉が渇きます。
できれば夏にはアナフラニールをやめたい!

私はこう思っているのですが、今年は(今年も?)いろいろあるので急激な減薬はできないでしょう。



今回は主治医が口内炎のできやすい体質だそうで、おかげで口内炎地獄をすんなりと理解してくれて、軟膏を処方してくれました。

これは私の個人的な感想なんですが、口内炎は女性の方ができやすいと思うのです。
たまたま私の周囲の男性が口内炎になりにくいだけなのかもしれませんが。

主治医は男性なので、このデカ口内炎の苦しみは理解してもらえないかも!?
…と少し不安でした。

でもわかってくださってよかったーーー!!



これからはクリスタルガイザーでも大量購入して常備させておこうと思います。




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。