医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/22(日) 03:09:16 [うつ病闘病記]

ブログの更新が滞っている今日この頃ですが。。。

もちろん生きてます。生きていろいろ人生を模索中です。


やっぱり梅雨は体調が下降気味になりますね。
私もうつ病が発症してひどくなったころは梅雨の時期でした。

いくら天候は関係ないという、えらいさん方のご意見があったとしても、やっぱり調子が悪いのは否定できないのです。

梅雨とうつ病は関係ない!!と言いたいところですがやっぱり低気圧の影響を受けているのは確かなようです。

今年も低空飛行なメンタル状態です。

時間は経過しているのに、私自身、新しい道へ進んでいるのに、トラウマからでしょうか?当時の実習の様子!?…というより、当時の自殺観念が嫌な記憶を思い出させてしまいます。
これはきっと、うつ病という病気のせいですね。



死ななければ、なにか可能性は残る。
生きているということだけで、何らかの可能性は残る。



自分で自分の命を終わらせるくらいなら、誰かに殺されたほうがマシ。

低気圧のせいで鬱々な感情が抜けなくても、生きていきたい。
自殺だけはしたくない。


なぜなら、自殺はうつ病などの病気がもたらす症状なのですから。



Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。