医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/03/06(月) 22:02:31 [うつ病闘病記]

医療系学校の同期のIちゃんから突然、夜中にケータイにメールがあったので、可能性としては、突然のお誘いがあるかなと少しは予感していた。

でも、

人気blogランキング『メンタルヘルス』

まさか、本当に突然の遊びのお誘いがあるとは思わなかった。
しかし、本当にそうしてくるところが、彼女らしいところなんだとも思う(笑)

だから、特にうろたえることもなく対応。

幸い、洗顔・歯磨きまではできていたので、準備にさほど時間はかからず、万年遅刻魔の私としては(相当)珍しく、相手よりも先に待ち合わせ場所に到着できた。
うつ病にかかる前の元気なときにでも滅多になかったのに、今回うつ病療養中に「突然のお呼び出しに対応できた」ことは大きな進歩。

「よくやった、自分!!」と自分で自分を褒めてあげることにする(私アホですねぇ( ̄▽ ̄;) )。


Iちゃんとはカフェでタルトを食べながら、気がつけば、彼女のお悩み相談会になっていた(笑)
自分の悩みも話はしたが、自分以外の人の悩みを聞き、一緒に考えることができた。

まず、出かけることすら困難だった自分としては、気の置けない相手だからとはいえ、このように普通に出かけ、普通にお茶できたこと。――これも昨年のことを思えば、かなり進歩した。

いや、元々はできていたことなんだから、改善してきたと言った方が正しいかな。


■今日の服薬
14:00頃:セニラン2mg1錠
夕食後:パキシル40mg


↓『メンタルヘルス』 部門へのランキングです。更新応援クリックをぽちっとお願いします。
人気blogランキング『メンタルヘルス』





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。