医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/03/08(水) 23:59:03 [うつ病闘病記]

地元に戻ってきてからは、わりとよく眠れた方だった(睡眠時間は短めだが)。
そりゃ昨日あれだけ活動すれば、うつ病療養中の私としては疲れて当然だ。

このように・・・

人気blogランキング『メンタルヘルス』

肉体的にはかなり疲労感を感じていたが、精神的にはそれ程でもなかった。

この冬があまりにダウンしすぎていたから、今日の程度ではまだマシだと思っているのだろう。さすがに今日、明日あたりはゆっくりとして、活動量を意識的に低下させていないと、(3月)12日(日)に相方家へバスで(この時は、バスで行く予定だった)何時間もかけて行くのは不可能になるかもしれない。

今の私に暴走は禁物。
これを逃すと、たぶん夏まで相方には会えないだろうし、「バスケ部の追い出し会に行こう!」の言い出しっぺとしては、行かないわけにはいかない。

・・・こう言うと、「~しなければならない」思考で自分を追い詰めているように聞こえるかもしれないけど、私は単にバスケ部のみんなに会いたい。あの体育館でバスケがしたい。それだけなんだ。


↓『メンタルヘルス』 部門へのランキングです。更新応援クリックをぽちっとお願いします。
人気blogランキング『メンタルヘルス』


次記事「疲労感でいっぱい(2)」に続く。




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。