医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/03/13(月) 22:28:55 [うつ病闘病記]

今日から相方は実家に帰った。
私は相方の家に一人でいることになる。それも、相方が帰ってくるのは17日。

さすがに、ずっと一人でいるのもつまらないと思っていたので・・・

人気blogランキング『メンタルヘルス』

友達の家に遊び(もちろんお泊まりで♪)に行ってきました。
電車に乗ってぶらぶらと~、昼過ぎに友達の家に着きました。

お邪魔してからしばらくは友達と話込んでいた。


・・・しばらくすると、その友達が

「温泉に行こうっ!」って言ってくれて、友達の愛車で近くの温泉に行くことに。

いや~~、温泉久しぶりでしたw いい湯でしたよー。
サウナにも入って少しは痩せたかな!?(笑)

その後は、晩ご飯食べて、無事に友達の運転で友達の家に帰りました。


…あ、帰る途中、私の

「温泉の後はやっぱビールでしょ♪」

というわけのわからない理由に付き合ってもらい、スーパーに寄ってお酒を買って友達の家に帰り・・・飲めないハズの友達にも1缶だけ飲ませちゃって・・・語っておりましたw

温泉なんて久しぶりで、なんか小旅行気分でした。
そういえば、私が実家に強制送還されてからは初めてでした♪


それに、この小旅行には記念すべきうれしいこともあったんです。
実は友達は、ある心の病と闘っている闘病仲間でもあるのです。
今日までは(病気になってからは)、温泉に行ける状態じゃなかったんです。
私もうつ病なので、活動量が激減していて、相方の家に行くことすらできなかった時期もあったんです。

でも、なぜか今日は二人して元気で(!?)闘病開始後としては初めて、温泉に行けました。
お互い療養中の身としてはすっごいアクティブに活動できた1日でした。


ここで…!!

療養中の二人が会ったら、互いに落とし合うのではないか?と心配された方もいるかもしれません。
幸い私たちにおいては、その心配はなさそうです。
前に会った時も、その後二人とも元気になりましたしw

この友達とは、だいぶ昔からお互い存在は知っていましたが(○○ちゃん、私のこと一応知ってたよね!?)、話すようになったのはここ最近のことです。
・・・というか、お互いが病気になってからです。
それなのに、すごい楽にいられる関係だと私は思っています(○○ちゃんはそうでなかったらどうしよ…( ̄▽ ̄;) )。


ここで、今回の経験を通して、心の病に苦しむ者同士が接するにあたり、自分なりに感じた注意点を↓にまとめておきます。
(項目の順には意味はありません。思いついた順に書いただけです。)

・過干渉はしない。
・相手との距離感は近すぎず、遠すぎずの関係を維持する。
・むやみにお互いの領域に踏み込まない。
・無理な、無茶な活動はしない。アクセルは控えめに。
・しんどい時は正直に相手に伝える。
・絶対に一緒に堕ちていかないようにする!集団自殺なんてもっての他!!!( ̄  ̄メ)
 

これらのことに注意しておけば、闘病仲間に限らず、いい友達関係が築けるのではないでしょうか。


とにかく、活動量は増したのに、かえって元気になれたお泊まりでした♪

ありがとうねー。また遊びに行くからねー!


■今日の服薬
夕方:セニラン2mg1錠
就寝前:パキシル40mg


↓『メンタルヘルス』 部門へのランキングです。他のうつ病患者さんの闘病記も読んでみませんか?
人気blogランキング『メンタルヘルス』





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。